スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walk to the Winter

2009年10月20日 15:31

冬にむかえ。

不況に立ち向かっていけ!というような意味でしょうか。
仕事が忙しすぎるのも嬉しくはないが、仕事がなさ過ぎるのはもっときつい。。。

何とか自分にしか出来ないことを見つけて、今後を考えていこうと思います。

【就活生のみなさん】
先日、とある就職関連の仕事をされている方とお話しましたが、なかなか就職状況よくないみたいですね。
新聞にもその旨載っていました。
そんな状況にも負けず、頑張っていきましょう!!
スポンサーサイト

Externally Open yet internally focused 

2009年06月09日 01:16

まさにその通り。


マイペースにがんばろう。


もう一度。





Externally Open yet internally focused 

コミュニティ・ビジネスwww

2009年04月17日 01:14

て、なにwwwwwwww


【コミュニティビジネス】
「地域の課題を地域住民が主体的に、ビジネスの手法を用いて解決する取り組み」

こんなところかな。


さて、今日の<すぽると>見ましたか?
私はぎりちょんみれましたが、川崎市の小学校とサッカーJ1川崎フロンターレが共同で学校数学教材を作っているということが放送されていました。

これ、結構すばらしいですよね!!

教育とビジネス、地域活性化の総合成果物です!!

オレは個人的にすごく教育に興味があるので、素晴らしいコミュニティビジネスの例の一つだと思って見ていました。(コミュニティビジネスの厳密な定義あったら誰か教えて!!!)


理由としては

まず教育とは本来楽しむべきものであるという前提からきます。
人間だれしも興味ないものにはなかんか学びの機会をもてませんね。。。

【好きこそものの上手なれ】とはよくできたことわざかといつも思っています。


そんな人間の特製をよく利用し、誰に対しても(対生徒、対教師、対地域)マイナスのない、楽しめる取り組みだと思いました。
まあ、教師は独自の教材作成に相当な時間を費やされるのでマイナスといっちゃマイナスかもだけど、生徒が理解せず補講することや、なにもせず生徒や自分自身に罪悪感を感じながら生きるよりはよっぽどいい気がしますwww(少なくとも俺ならw)


今後、こういう取り組みは増えるのではないでしょうか??

もっともっと増えるといいですね!

まだまだいたるところに改良の可能性が潜んでると思うから、毎日ちょっとちょっと気をつけながら生きたいなあwww


というわけで、また!!!

謙虚さと自信

2009年04月13日 00:33

はい、研修も2週間を過ぎ、3週目に突入しようとしています。

他の社会人、学生のみんなは日々どんな生活をおくっているのかな。。。(気になるから、たまにはメールなりで近況報告してほしいよ!今日も2人程近況メールくれて、どうもありがとう!)

futto.jpg
(バスケじゃないけど久々にフットサルしてきたぜーーーwwwこれが噂の華金www)


さて、タイトルの【謙虚さと自信】。これは一見相反するかと思います。(自信過剰の場合、そしてそれを外に向けて発信する時はさらに相反する傾向があるのではないでしょうか。)

しかし、オレはこれらが共存すると思っています。
(ちなみにこの内容は友達がMIXIにSLUMDANKについての日記を書いてたので、それに対するおれの意見的に書いていますwww)



さてさて、みんな~スラムダンクってマンガは知ってますよね??
あれを見るとなぜか勇気や感動、前向きさや明るさ、楽しさという感情が湧いてきます。

社会に出て、わかってはいたものの、自分が相対的に圧倒的に他者より劣っていると感じていて、自信がなくなったり、なんか自分を見失いかけたり、マイナスな気持ちになったり。。。
わかっていたのに。。。

そんな今、このマンガは自分にタイトルの【謙虚さと自信】を再認識させてくれたように思います。



主人公である桜木花道は、素人でさらに動機不純にも関わらず果敢にバスケ部に入部する。
(吉田ワールドの主人公であるけいぞうクンは実学の素人にも関わらず、果敢に経営コンサルタントの道を選ぶ。*唯一違うのは動機がある点www)

当然のことながら、他者に比べて技術的に圧倒的に劣っている。桜木自身わかっているものの、再認識することとなり、ダメージを受ける。
(けいぞうクンはわかってはいたが、そのスキルの違い、成果物の質の違い、考えの深さの甘さなどを再認識させられ、ダメージを受ける。)




あ~一緒だ~。www




そしてここからも一緒でありたい。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




タイトルのように桜木花道には【謙虚さと自信】があった。



態度からは見えにくい部分はあるかもしれないけど、例えば5ファールを繰り返したのち、ゴリの家に出向き、『どうしたら退場せずに済むのか』聞きに行く姿勢。リョーチンからフェイントを教えてもらう姿勢。はる子さんから“庶民シュー”を教えてもらう姿勢。ルカワより朝早く起きて練習する姿勢。
こういったところからは、認めたくはないものの自分のビハインドを理解し、上のものから学び取ろうとする【謙虚な】姿勢が十分に見られる。




さらに明らかな差を見せつけられても、決して折れることのない内なる【自信】。そしてその自信を支える努力が桜木にはある。
常に、強い気持ちを持っていて、自分はできるんだという気持ちをわすれていない。そして、それは気持ちだけでなく、実際に努力をするという形で自信を確信にまで伸し上げている。



この【謙虚さと自信】が桜木の中で際立っていて、それがゆえにビハインドの環境の中でも自分をしっかり持っていられるのではないかと考えた。



これは何も学生やスポーツの世界だけの話ではなく、今のオレが所属するビジネスの世界の中でも当然のように応用できる話で、常に人に対して謙虚な姿勢をもって学ぶことを忘れず、しかし内には今までの自分の行いに対する自信、その自信をもってこれからもやっていけるんだという自信を持って日々過すことが大切だろうし、そのようにやっていきたいと思う。



とにかく、自分らしく、謙虚な姿勢で、しかし自信を持って生きていこうと桜木君が言っている気がしますwww



最後に、SLUMDANKの世界でもそうだけど、忘れてはならないのは【仲間】の存在。


仲間が今の自分を作り、仲間の助けがあるから今自分が生きてることをしっかり感じられるビジネスマンでありたい。

そうあることが自信でもあり、そうあることが他者に対するオレの仲間への恩返しな気がする。




以上、ちょっと真面目な話でした。

やっぱり感謝を忘れないでいたいと

2009年04月01日 02:59

思う。

ありがとう。

こーーーーーーすけーーーーーー、ちゃんと社会人になるからなーーー!!!

みとけよ!


お二人さん、ほんまにどうもありがとう!
CIMG2882_convert_20090401025820.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。