スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな読んで!!

2007年04月11日 11:31

ハイ、立教大学とUHHという台で書き始めましたがいまいち自分で何かいていいかわからんからやめました。

責任感Peer Pressure
みんなは何かを始めるとき、それに伴う責任、メリット、Benefitなど考えますか?

自分はここHAWAIIにくる前、以上に考えました、そういったことを。

休学で行くとなると自分は帰ったら友達とは違う位置にいること。
金銭的な問題。
自分は本当にここに行きたいのか、またなぜ何のために行きたいのか。
1年(実際8ヶ月。でも自他共に1年という認識がある)で自分の本来所属するGroupでの存在が薄くなる恐怖。。。
そして、他人は留学という名前が自分の英語力をあげるというクソな誤解をしていること。そのため、帰国後、英語は確実にあって当たり前と考えられる能力。

そういった色んな問題をかかえながらこの留学を決めました。
その中でも、最後に挙げた“当然求められる英語力”の問題。これは非常に大きな問題でした。
頑張ってやってもどれだけ伸びるかなんかわからないという現実とHAWAIIには当たり前のようにスーパー日本人が多いということがありました。

でもそんな現実に妥協して『あぁ~やっぱりできひんかった。。。』なんてプライドが許さん。負けたくないから。
しかしここにすでに存在している日本語の環境。
でも負けたくないという気持ち。
たとえみんながこの環境を理解してくれて『あぁ、確かにあの環境ではねー』ってなったとしても。。。なんか自分の中の負けた感。。。
妥協、プライド、現実、いや!!色んなものがぶつかってはじまった留学生活でした。。。

はじめは日本人を避け続けました。
辛かったーーー。。。精神的に。。。本とに辛かった。。。
親の期待、周りの期待、自分のプライド。ホンマにつらかった。
でも頑張って頑張ってやっても英語なんてちっとも聞けてきません。それどころか、『もう3ヶ月がたつね、そろそろ英語も上達したころでしょう』のメールがMANY。。。

クソッ。。。
でもある日、おもっきり遊んだ日がありました。死ぬほど。
思ったこと。
1;<自分が精神的に安定して充実してないと、なかなか自分をコントロールしてうまく自分を自分のしたい方向にMOVEできないこと>
2;<英語は白人が話す英語だけが正しいわけではないということ>
3;<英語ができても人をさけたりするような人間になっていいのかということ>
3つ目は自分の中での妥協なんかなーとも考えました。
1について;まず笑いました。笑顔多くなりました。自分好きになろうとしました。全てに感謝して、起こるどんな最悪なこともそれが自分にとってのベストだと考える精神的余裕を持ちました。自分に妥協しないなかで全てを楽観的に考えれるようになりました。人を褒めるようになりました。自分の欠点をさらけ出すのがある程度怖くなくなりました。親と話すようになりました。自分の気持ちを素直に口にだすようになりました。などなどいっぱい。

2について;この大学は世界でもトップクラスの多民族大学だということが2に大きく影響してます。みんなが話す英語はそれぞれ発音、語彙、表現、スピードなどなど違います。そしてまた他の場所と違いそのどれもがしっかり共存・尊重されているということ。以前は白人でアメリカ人の所謂“学校英語”を自分の中で重視していたように思います。意識的、無意識に。。。?わからんけど。 今は自分が日本人であることに誇りを持ち、JAPANESE-ENGLISHを話すことになんのためらいもありません。
恐らく、英語ができる人からしてみれば、<負け犬の遠吠え>のように聞こえるかも。。。実際そうなのかもしれん。kkk
でもいいやん!!だって英語ってオレにしたら第二言語よ!難しいじゃん!!!でもある程度読めるし、書けるし、聞けるし、話せるもん!!満足して止まったら終わりやけど、チョットぐらい自分に自信持ってもバチ当たらんのと違うかな(>_<)kkk実際その考えで、自分が精神的に充実できるなら、人生勝ちじゃん!?(>_<)勝ち負けはナニによって決まるかはしらんけど。。。
the other day,獨協大の名誉教授石井 敏先生がゆってたように、日本人であることに誇りもって、英語をみんなのものとしてCommunicationの一つのToolとして考えれればいいなーー!(別に“日本人”ってのをおもてに出しまくって、Racist!!みたいなわけじゃないよ!)
とにかく英語に支配されるような人間、英語によって変わってしまうような人には自分はなりたくないなーー。もちろん変わってしまった人は人でちゃんと認めるよ!
この点は3に関していえる部分かな。

まあ何か書いて説明するのは難しいな。。。
とにかく今は充実してるよーうん。とくに精神的に(>_<)
これを見て、新生活やべーなー見たいな人も元気になってもらえればいいなーー(>_<)kkk

なんかこういうこと書くときはイッパイ本とにいいたいことが抜けてると思うから、また思い出したら書きますーー。
長々と失礼しましたkkk06090212.IMGP0075.jpg

スポンサーサイト

コメント

  1. がちゃぴん | URL | -

    グローバルで15万人も社員がいるアクセンチュアでは、「我が社の共通語はBROKEN ENGLISHです」ってゆってるよ。

    JAPANESE ENGLISH,AMRICAN ENGLISH,INDIAN ENGLISHいろんなのがまじってるのがアクセンチュアだって。
    その中で大事なことは、どんなENGLISHを話すかではなく、自分の伝えたいことを相手のためにわかりやすく伝える努力をすること、相手が伝えたいことを一生懸命に聞く努力をすること、その2つなんだって。コミュニケーションてそういうものだもんね~。

    でも前提としてやっぱりTOOLとしてのENGLISHがそこそこは出来ないとだめなのよね~~~ああジレンマ。。。笑

  2. nine | URL | -

    まあそのBROKENENGLISHはどこまでをENGLISHと認めてもらえるかは疑問じゃ、白人さんに(-"-) 英語以前にある程度、頭がないとね。。。頭あるヤツ英語できなくてもそんだけ大企業なら通訳ぐらい腐るほどいるっしょ(-"-)頭なくて英語だけ堪能でも話す内容パーなら誰も相手にしねーよなーー。。。
    まあパー君は選考もれか。。。
    しっかりCOMMUNICATIONできる人になりたいもんです。

  3. natsuki sako | URL | -

    けいぞー、ホント最初と変ったね。
    今のけいぞーを見てみたいよ!!

    私も最初の頃はもっと外人ぽく発音しようとか、日本人英語って思われたくないって意地張って無理して英語喋ってたけれど、それじゃぁやっぱり自分の言いたいことが本当に相手に伝わらないんじゃないんかなぁって思ったよ。がむしゃらに下手くそでも、一生懸命喋れば相手は自分の事分かってくれるって分かって、すごい気が楽になったんよ。
    日本人英語の何が悪い!!これはあの先生から教わったことです。

    あともうちょっとだね!!
    後悔しないように、めっちゃ遊んでおいでよ!!
    日本で成長したけいぞーに会うのを楽しみにしとるけん!!







  4. keizo | URL | -

    色々と変わってしまったんかもなkkk
    100%満足してるわけじゃないけど今の自分は少しずつ気に入ってる気がする。もうチョット勉強してもいいかなーとは思うけど(-"-)

    最初のPlacementのときにバクスイしながら出会ったんを昨日のことのようにおぼえとるよ(-"-)なんか不思議やーーー。。。
    へんなゲームやってジムでVolcansとかわけわからんチアリーディングみたいなんさせられたのとか。。。

    とにかく広島か世界のどこかで会いましょう(>_<)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hilohope.blog73.fc2.com/tb.php/14-80fdc529
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。